[中山記念2018無料予想]有力馬|レース傾向

Pocket

今日は中山記念2018無料予想有力馬|レース傾向

の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

2018年中山記念は果たしてどんな馬が出走を予定しているのか?

 

例年に比べ中々の好メンバーが揃いました

中山記念

 

有力馬とレース傾向を見ていきたいと思います!

 

無料予想に向けて注目馬も発表させて頂きます!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

先週は4重賞の内京都牝馬ステークス

馬単のみ的中とかなり厳しい週となりました!

 

今週は挽回したいと思います!

 

有力馬

 

ヴィブロス

 

昨年は中山記念(5着)をステップに、

ドバイターフ(G1・UAE、芝1800メートル)を優勝。

 

同年度のJRA賞最優秀4歳以上牝馬を受賞した。

今回はエリザベス女王杯(5着)以来となる実戦で、

牡馬相手に56キログラムの斤量を背負うが、

GⅠ2勝馬として主役の座は譲れない。

恐らくペルシアンナイトと共に人気を背負う事になるであろう1頭。

 

ペルシアンナイト

 

前走のマイルチャンピオンシップでは、

4頭のGⅠ馬を筆頭に名だたる強豪を退けてビッグタイトルを獲得。

 

今回は約3か月の休み明けになるが、

本レースに照準を合わせて順調に乗り込みを消化している。

 

4歳を迎えた今年は、さらなる飛躍が期待される。

 

恐らく1番人気に推されるであろう馬。

ヴィブロス同様久しぶりの実戦である事とと

目標としているレースがどこなのかにも

よるが能力は間違いなく上位だろう。

 

アエロリット

 

昨年のNHKマイルCでGⅠタイトルを奪取。

 

牝馬とは思えぬたくましい体つきで、

卓越したスピードがセールスポイントだ。

 

今回は好メンバーが顔をそろえたが、

気性の勝ったタイプで休み明けは苦にせず、

有力候補の一頭に挙げられる。

 

ウインブライト

 

2歳6月のデビュー時は450キログラムの馬体重だったが、

前走の中山金杯(2着)では480キログラムまで大きくなり、成長力を示している。

重賞2勝(スプリングS、福島記念)を挙げた昨年以上のパフォーマンスを発揮しても不思議はない。

 

状態次第では大物食いの可能性も。

 

マルターズアポジー

 

デビュー以来、全戦でハナを奪う競馬をしている個性派で、

これまで重賞3勝(2016年福島記念、2017年小倉大賞典、関屋記念)を挙げている実力の持ち主。

 

今回も展開の鍵を握っており、目が離せない存在だ。

 

サクラアンプルール

 

最下位(16着)に敗れた前走の有馬記念だが、

直線で致命的な不利があっただけに度外視できる結果だ。

7歳馬でも馬体は若々しく、GⅠの大舞台でもまれた経験を生かせれば、

昨年(2着)以上のパフォーマンスが期待できるだろう。

 

マイネルハニー

 

3歳時の一昨年12月にチャレンジCを勝って重賞ウイナーの仲間入りを果たし、

目下オープン特別2連勝中とさらなる充実期を迎えている。

軽快な先行力が武器で、中山・芝1800メートルでも好成績を残しており、

ここも遜色のない競馬ができそうだ。

 

ディサイファ

 

2014年のエプソムCを皮切りに、

2015年の中日新聞杯と札幌記念、

2016年のアメリカジョッキークラブCと重賞4勝を挙げ、

厩舎の屋台骨を支えてきた活躍馬。

 

2月末に定年を迎える小島太調教師にとって最後の重賞出走だけに、

本馬の走りに注目が集まる。

 

有力馬紹介は以上となります!

G1馬3頭を含め

重賞ウィナーも多く

 

いいレースがみれそうです!

 

過去10年の単勝人気別成績を調べると、

3番人気以内の馬は9勝を挙げているが、

2着に入ったのは2頭だけで、

 

4番人気馬が2着に4回も入っているのが特徴的なレースでもあり

4番人気の馬には注意したいところです!

 

現時点で予想オッズ4番人気に推される可能性があり

 

今回の中山記念を取りにきそうな馬がいるので

 

ブログランキングにて発表させて頂きます!

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

中山は得意の舞台だけに昨年春からの成長に期待したい。

前2走から人気にはなるかもしれないが相手を考えると

恐らく4番人気前後。