【福島牝馬ステークス2018】無料予想|有力馬&注目馬

Pocket

今日は【福島牝馬ステークス2018】無料予想|有力馬一覧&注目馬の記事を中心に書いていきたいと思います!

2018年の福島牝馬ステークスは果たしてどの馬が制するのか?

ヴィクトリアマイルの前哨戦に位置付けられた重賞レースだけあり中々面白いメンバーが揃いました!

今日は福島牝馬ステークスにはどんな有力馬が出走を予定しているのか?

合わせて有力馬の中から注目馬の発表もさせて頂きますので是非ご覧ください!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

来週には皆様楽しみにしているであろう春の古馬G1第2弾天皇賞春が開催されます!!

昨年の覇者キタサンブラックは有馬記念で引退し、果たしてどの馬が勝つのか?

非常に楽しみではありますが、今週も週末になればもちろん競馬は行われます!

今週の重賞で資金稼ぎし、天皇賞春でどかっと勝負しましょー!(笑)

 

特に今週行われる3重賞の内期待したいのが今回記事にさせて頂いている福島牝馬ステークスです!!

まずは出走予定の有力馬をご覧ください!

福島牝馬ステークス2018|無料予想|有力馬&注目馬

 

カワキタエンカ

非凡なスピードを生かした逃げ戦法を武器に、昨年春は桜花賞で7着、秋にはローズS2着→秋華賞5着と、牝馬路線で存在感を示した。

前走の中山牝馬Sで重賞初制覇を飾った今年は、さらなる飛躍が期待される。

 

トーセンビクトリー

2001年のドバイワールドC(G1)2着など国内外で活躍したトゥザヴィクトリーを母に持つ良血馬。

6歳を迎えた今年も重賞2戦で共に掲示板(5着以内)を確保しており、地力健在だ。

今回は、昨年の中山牝馬S以来となる重賞2勝目の期待がかかる。

 

レイホーロマンス

3歳時に未勝利クラスを勝ち上がれず、1度地方競馬へ移籍したが、JRAに復帰後は実績を積み上げ、重賞Vを狙えるところまで力をつけてきた。

半兄スズカデヴィアス(父キングカメハメハ、重賞2着2回)に先んじての重賞タイトル奪取に挑む。

 

デンコウアンジュ

最後に勝利を飾ったのは2歳時(2015年)のアルテミスSだが、勝てない間も、昨年のヴィクトリアマイル2着など強敵相手に何度も好勝負を演じてきた。

昨年の本レースでは4着に善戦。

今年も、持ち前の末脚を武器に上位進出を狙う。

 

ブラックオニキス

2歳時の夏にはオープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500メートル)を制し、続く札幌2歳Sでも2着に好走するなど活躍した。

3歳時の昨年は、オークス7着、秋華賞6着とGⅠ2戦に出走したものの、未勝利。

4歳を迎えた今年は、真価を問われる1年となるだろう。

 

ゲッカコウ

3歳春のフラワーCで2着に好走するなど、早い時期から素質の片りんを見せていた。

その後は伸び悩んだ時期もあったが、昨秋に1600万下クラスを勝ち上がると、オープンクラスでも大きな差のない競馬を続けている。

牝馬限定のGⅢなら、好勝負に持ち込む力は十分にある馬だ。

 

ワンブレスアウェイ

叔父に2004年のJRA賞年度代表馬ゼンノロブロイがいる良血馬。

本馬は昨年夏にオープンクラス入りした後は結果が出ていないが、重賞級の潜在能力を持っているはず。

5度目の重賞挑戦で初タイトル奪取なるか、注目される。

 

有力馬一覧は以上となります!

 

現時点でのワタクシたらの注目馬はこの馬

ブログランキングにて発表させて頂きます!是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

今回恐らく一番人気に推されるのはカワキタエンカかレイホーロマンスではないでしょうか?

レース前にどちらを皆様が軸にしたのかが大体オッズをみればわかると思います!

ただ、波乱決着の多い重賞。片方もしくは両方がとんでもなんら不思議ではないと思います!

この2頭ならこっちが買いかなと思います!

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!