【フィリーズレビュー2018】出走馬|有力馬|軸馬考察

Pocket

今日は

フィリーズレビュー2018出走馬|有力馬|軸馬考察

の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

果たして2018年の

 

フィリーズレビュー

はどんな出走馬がいて

 

有力馬はどんな馬がいるのか?

 

軸馬にはどの馬がいいのか?

 

考察&発表させて頂きたいと思います!

 

今週開催される

フィリーズレビューは

 

先週のチューリップ賞&弥生賞に比べ

穴馬にも充分激走する余地があると思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

まずはフィリーズレビューに出走予定の有力馬をご覧ください!

 

フィリーズレビュー2018出走予定有力馬

 

モルトアレグロ

パドックの周回で気負う面を出すなど、

短距離血統らしいテンションの高さが感じられるが、

レースでは意外と折り合いがつく。

 

阪神・内回りの芝1400メートルなら、センスの良さでクリアできるはず。

恐らく上位人気にははいるであろう馬で

レースで本領発揮できるか見物。

 

 

デルニエオール

 

燃えやすい気性で、コントロールが難しいタイプ。

全兄のオルフェーヴルはレース後の短期放牧をルーティンにしていたが、

兄と似た性格の本馬は今回、

中2週という短い間隔で挑む。

 

我慢の利いた走りができるかどうかが鍵になりそうだ。

 

オルフェーヴルを彷彿とさせるおてんばぶりが

いい方に働けば激走。

 

正直ピンかパーか。見極めが必要な1頭。

 

アマルフィコースト

 

前走のファンタジーS(3着)は栗東トレーニング・センターからの輸送距離が最も短い京都競馬場が舞台だったが、

それでもテンションが上がっていた。

 

阪神コースはデビュー戦(1着)で経験しているとはいえ、

当日の精神面はしっかりと確認する必要があるだろう。

 

アルモニカ

 

阪神・芝コースはデビュー戦(1着)で経験済み。

420キログラム台の小柄な牝馬だが、

坂のあるコースでもパフォーマンスが落ちることはない。

 

過去3戦は全て芝1400メートルを走って2勝と距離適性の高さも証明しており、

今回の条件は合うはず。

 

アンヴァル

 

昨年は一戦ごとに馬体重を減らし、

前走のオープン特別・福島2歳S(福島・芝1200メートル、1着)時の446キログラムは、

デビュー時からの比較で16キログラムの体重減となっていた。

4か月ぶりの今回は、ふっくらした馬体で出てくることが望ましいだろう。

 

アンコールブリュ

 

今回が約3か月ぶりの実戦。

馬体が大きく変わった印象はないが、

十分に調教を積まれており、力を出せる仕上がりと判断していいだろう。

 

普段はテンションが高めでも、

レースでは気性の難しさを出さず、センスあふれる走りをするタイプだ。

 

コーデュエライト

 

それまでのレースと違い、

前走の阪神ジュベナイルフィリーズ(13着)では道中の走りに力みがあったように感じられた。

3か月の休み明けとなる今回、

リラックスして走れるかどうかがポイントになるだろう。

 

ラブカンプー

レース数は使っているが、

馬体重の変動がほとんどない。

小倉に輸送した前走の500万下・かささぎ賞(芝1200メートル、1着)では、

馬体重が減るどころかプラスでの出走だったのだから、

環境に左右されることの少ない馬と考えられる。

今回も自分の力を出せるはずだ。

 

有力馬はこの辺でしょうか。

 

予想オッズですが

1番人気モルトアレグロ  2.8倍

2番人気アマルフィコースト 5.0

3番人気ラチュロス 5.8

 

こんなかんじでしょうか?

 

現時点でのワタクシたらの注目馬は

ブログランキングにて発表させて頂きます!

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

正直上位人気にはいるであろう2頭

モルトアレグロ

アマルフィコースト

は仕上がり万全で取りにくる印象はなく

 

かといってチューリップ賞のように

能力だけで圧勝できるか?

疑問が残ります。

 

だったらこの馬に期待したいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!