2017毎日王冠予想と有力馬分析

Pocket

るこんばんはたらです。

今日は2017毎日王冠予想と有力馬分析を中心に記事を書いていきたいと思います!

例年秋以降のG1で活躍する馬を数多く輩出しているステップレースではありますが、

今年はいいメンバーが揃いましたね!

今日は有力馬分析という事で

ソウルスターリング

マカヒキ

リアルスティール

サトノアラジン

アストラエンブレム

グレーターロンドン

 

以上の6頭を分析していきたいと思います!

何故この6頭かというと、、、

この6頭が恐らく上位人気5頭であり。

もしこの6頭のうち5頭が掲示板を独占したとしても

勝ち馬券になるのは

3頭のみ

絞れる馬がいないかまたは軸にする要素を、どれ位持っているかを見るためにも

どんなローテーションなのか、

距離適性はどうか?

力上位は?

過去同じタイプの馬はどんな結果だったか?等知っておいて損はないと思います!

まずは1番人気におされるであろうこの馬を分析していきたいと思います!

ソウルスターリング

レベルが高いとされる3歳牝馬世代筆頭格

レベルの高いとされた3歳牝馬世代

ソウルスターリング以外の馬たち

ファンディーナ

デビューから三連勝で、フラワーカップを制し勢いそのままに皐月賞に参戦

1番人気におされるも7着と振るわず

先月行われたローズステークスでも1番人気におされるも6着。

 

ミスエルテ

もう一頭の怪物フランケル産駒

2歳時朝日杯FS参戦1番人気におされるも4着

2017年は桜花賞11着NHKマイル7着

3歳牝馬の評判を押し上げた2頭のその後です。

微妙ですね!

次に過去毎日王冠で100%の連対データをつくった2頭の牝馬

この2頭

ウォッカ(0-2-0-0)

ルージュバック(1-0-0-0)

この2頭との比較をしたいと思います

成績→

ソウルスターリング

阪神ジュベナイルフィリーズ1着

桜花賞3着

オークス1着

ウォッカ

G1、7勝を誇る名牝

毎日王冠参戦は4歳時

6月の安田記念後。

その年ヴィクトリアマイル2着

天皇賞秋制覇ジャパンカップ2着

翌年も全く同じローテーション

ルージュバック

オークス2着馬

1着クイーンズリングをはじめレッツゴードンキ他レベルは低くなかった。

毎日王冠参戦は4歳

6月エプソムカップ勝ち後。

ローテーション間隔的には似たようなもんですかね。

 

2頭共に参戦は4歳。

古馬勢との対戦履歴あり。この経験の差がどうでるかですね。

次に

マカヒキ

昨年牡馬クラシック戦線を沸かせた馬

皐月賞2着ダービー1着

大阪杯は僅差で4着

悪くはなかった気がするし

その前のレース

京都記念3着勝ち馬は宝塚記念を制した

サトノクラウン

このレースで今後が大きく左右される気がする馬

正直このまま終わって欲しくない一頭。

ただ、最近の走りをみていると1800mの距離で勝負になるのか

ただ、この世代はその後の重賞ウィナーも多く、世界での経験(ニエル賞凱旋門賞)古馬勢との対戦(京都記念大阪杯)から更なる成長に期待はしたい

残り4頭

リアルスティール

実績でいえば上位だがやはりこの馬も不安要素あり

中山記念はあのメンバー相手でさすがに負けすぎな気もするし7ヵ月ぶりのレースというのも気になるところ。

サトノアラジン

安田記念覇者

勝ち方が非常によかった。

が、正直あの勝ち方の後同じようなレースをさせてくれるほど今回のメンバーは甘くない気がする

マイルCSに向けたテスト走行であることは間違いないし、無理にとりにくることもないと考える。

アストラエンブレム

グレーターロンドン

この2頭に関しては未知数な部分が多い。。

ただ、アストラエンブレムはこの先を考えると

早めに重賞の一つや二つとっておきたいところでは?

今日はこの辺で!

明日以降紐穴探しと軸馬選定等ぢゃんぢゃんしていきます!

君のはどこにあるんだろ?やる気スイッチー

ワタクシ、たらのは↓こちらです(笑)

https://blog.with2.net/link/?1934553

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!