[2017マイルチャンピオンシップ]過去10年データ

Pocket

こんばんはたらです。

今日は[2017マイルチャンピオンシップ]の予想をする上で必要な過去10年データの記事を中心に書いていきたいと思います!

今年のG1レースは波乱が多いイメージがありますが

マイルチャンピオンシップも今年は波乱がおきるのか?

今日は早速過去データをみていきたいと思います!

まずは人気別成績をのせたいと思います!

1番人気

(2-3-2-3)

2番人気

(1-2-1-6)

3番人気

(1-2-0-7)

4番人気

(3-1-1-5)

5番人気

(1-0-2-7)

6番人気

(0-0-0-1-9)

7~9番人気

(1-0-2-27)

10番人気以下

(1-2-1-85)

1番人気

勝率20%

連対率50%複勝圏内70%

複勝圏内率は安定した成績といえますが

勝率20%は決して高くないですね。

2~3番人気より4番人気の方が勝率、連対率、複勝圏内率が高いことがわかります。

10番人気以下の激走も注意が必要のようです

単勝100倍以上は複勝圏内なし

(0-0-0-16)

次に馬齢を見ていましょう。


3歳 

(0-0-1-30) 0.0% 0.0% 3.2%

4歳 

(3-5-3-25) 8.3% 22.2% 30.6%


5歳 

(4-4-5-44) 7.0% 14.0% 22.8%

6歳 

(2-1-1-31) 5.7% 8.6% 11.4%

7歳上

(1-0-0-19) 5.0% 5.0% 5.0%

4歳5歳馬勢が優勢のようです

3歳勢  3着1回のみ

7歳以上勢  1着1回のみ

と苦戦傾向

次に牡馬、牝馬での差を見ていきましょう

牝馬  (1-0-3-27)
牡・セン(9-10-7-122)

牝馬は連対1回と苦戦傾向

複勝圏内に入った4頭は全て5番人気以内

次に所属別にみていきたいと思います!

美浦(2-3-2-51)


栗東(8-7-6-93)


外国(0-0-2-5) 

栗東の方が優勢のようです。

次に枠番を見ていきます。

1枠(1-1-1-17)


2枠(1-1-1-17)


3枠(2-0-1-17)


4枠(2-5-0-13)


5枠(0-1-0-19)


6枠(1-0-1-18)


7枠(1-1-5-22)


8枠(2-1-1-26)

4枠は過去10年で7連対

5枠は1連対のみと苦戦傾向

次に馬番です。

1番 (1-1-0-8)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-1-0-8)
5番 (2-0-1-7)
6番 (0-0-0-10)
7番 (1-2-0-7)
8番 (1-3-0-6)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-1-0-9)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-2-6)
14番(0-0-0-10)
15番(0-0-3-7)
16番(2-0-0-8)
17番(0-1-1-8)
18番(0-0-0-9)

6.9.14.18からは複勝圏内馬がでていません

次に脚質をみていきたいと思います!

逃げ  (1-1-0-8)
先行  (2-2-2-31)
差し  (6-5-5-63)
追込  (1-2-3-47)

差しがやや優勢なようです。

今回のデータで感じた事は

1番人気の信頼度がやや低い

100倍以上の穴馬は厳しそう

他レースに比べ牡馬優勢

4~6歳馬が優勢

4枠の馬には注意が必要

牝馬は5番人気以内の馬には注意が必要

この辺のデータは覚えておいた方がいいかもしれませんね!

次回の記事でローテーション等をみて実際に予想をしていきたいと思います!

今のところ今回のデータを基に重要視する予定のデータがあったので

↓にのせておきます。

https://blog.with2.net/link/?1934553

果たしてどの馬がG1のタイトルを掴むのか?

渾身の予想ができるよう頑張ります!

応援よろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!