2017スプリンターズステークス軸馬選定のお話

Pocket

こんばんはたらです。

今日は2017スプリンターズステークス軸馬選定についての記事を中心に書いていきたいと思います!

前回の記事にも書かせて頂きましたがスプリンターズステークスは波乱含みのG1のイメージがありますが

過去10年のデータを見ると

1.2.3番人気の馬いずれかが

過去10年で10回3着以内に入っています。

つまり3着内率100%です。

「おお、そうかぢゃあ上位人気3頭を中心に馬券を組もう!」

↑こういうわけにはいきませんよね。(笑)

今日書いていきたいのは、

まずこのデータが実際に有効なのか

データを見つつ

軸馬にふさわしい馬を選定していくことと。

上位人気馬たちの

(今回は1~3番人気の馬3頭)

軸馬としてどれ位重きを置くのか

つまり絶対的軸馬なのか

まあまあ安定している軸馬なのか

飛ぶ危険もはらんだ軸馬なのか

重要度合いの優劣もつけていきたいと思います!

今回何故こんな予想の仕方をするかをまず説明させて頂きます!

信じるか信じないかはあなた次第。な話にはなりますが

今回のスプリンターズステークス

かなりの波乱含みのレースに、なるのではないかと言われています。

まことしやかに囁かれている噂としては

低迷するスプリント路線と同様

どんどん落ち込むグレードレースの売上高

つまり皆さんの馬券代

スプリント路線は注目度もさることながら

売上の落ち方が凄いらしいです。。

中には売上高前年比マイナス10%のレースも

ありJRAがこの低迷の一途をたどる売上高に

なにかしらの対策を講じるのでは?という

お話みたいです。

具体的には?

枠順が◯◯みたいなやつです。(笑)

それによりある馬が勝ちにぐんと近づいたり勝ちに遠ざかったりと。

レースにもよりますがなんとなく意図を感じるレースがあるようなないような(笑)

今回の場合は新たなスターホースの誕生

劇的波乱決着等が推測されているみたいです。

今年でいうと

快進撃を続け連勝中の北九州記念覇者ダイアナヘイローの勝利や

昨年まさかの大敗を喫しその後香港スプリントでも結果を残せなかったビックアーサーの復活V等がわかりやすい例ですかね?

ただでさえ今年行われた1200mの10レースは

それぞれ勝ち馬が違い

そのレースの勝ち馬や好走馬が一堂に会するわけですからね。

JRAが何もしなくても充分な波乱決着が起きる気もしなくもないですが(笑)

与太話はこの辺にして。

過去10年のデータを見ていきたいと思います

まずやはり上位人気3頭の人気馬の好走頻度

1番人気→勝率30%3着内率50%

2番人気→勝率10%3着内率60%

3番人気→勝率30%3着内率40%

荒れるイメージの強いG1ですが

1~3番人気の馬が10年に7回勝ち馬

3着内率も過去10年の3着内馬

30頭中15頭

この3頭の中から選ぶのが結果順当かもしれませんね。

枠順確定後予想

 

レッドファルクス

セイウンコウセイ

ダイアナヘイロー

この3頭が上位人気に入りそうです。

このレース4.5歳馬が1番馬券に絡み

特に4歳馬がいい成績をおさめてるイメージですが

意外にも過去10年の内3着内に入ったのは5回

つまり過信は危険です。

このレース実は全30頭中25頭が中6週以内の

ローテーション。

該当馬は

ダイアナヘイロー

しかし相性のいいとされる牝馬だが実績がどうか?

その他2頭を検証してみると、、、

過去10年の内中6週以上で三着内に入っている馬の中に

レッドファルクスさんがいました!

更に調べるとこの5頭

共通点がいくつかあります。

穴馬も含め5頭全てが

5歳以上7勝以上でした!!

ということで、

無理この結果にこじつけましたが(笑)

軸馬は、、、

レッドファルクス

からの紐荒れ

次回の記事で実際にどの馬が妖しいか検証していきます!

応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

https://blog.with2.net/link/?1934553

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!