[2017ジャパンカップ]過去10年データその1

Pocket

こんばんはたらです。

今日は[2017ジャパンカップ]の予想をする上で必要な過去10年データの記事を中心に書いていきたいと思います!

今年のG1レースは波乱が多いイメージがありますが

ジャパンカップも今年は波乱がおきるのか?

今日は早速過去データをみていきたいと思います!

まずは人気別成績です。

1番人気 (3-2-2-2)


2番人気 (1-1-2-6)


3番人気 (1-1-0-8)


4番人気 (3-1-0-6)


5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (0-1-3-6)
7~9人 (1-2-1-26)
10人以下(0-0-2-82)

1番人気は

勝率30%連対率50%複勝圏内率70%と比較的安定した成績を残していることが分かります!

4番人気も1番人気と勝率は同じ30%連対率も40%と優秀です。

先週のマイルチャンピオンシップも4番人気の好走率が高くレース結果も4番人気ペルシアンナイトが優勝と注意すべきデータかもしれませんね。

そして注意が必要なのが複勝圏内率でいうと6~9番人気の伏兵の好走が上位人気馬と同じ位あるという点です。

オッズ別データ

1.0~1.9倍 (0-1-1-0)


2.0~2.9倍 (1-1-1-0)

2.9倍以下は

(1-2-2-0)

複勝圏内率100%

50.0~99.9倍(0-0-0-28)


100倍以上  (0-0-2-44)

50倍以上は

(0-0-2-72)

連対は0

3着に入ったのは

2011年のジャガーメイル

2013年トーセンジョーダン。

どちらもG1馬。

3歳 (2-2-2-24) 6.7% 13.3% 20.0%


4歳 (6-3-3-41)11.3% 17.0% 22.6%


5歳 (2-4-3-35) 4.5% 13.6% 20.5%


6歳 (0-1-0-24) 0.0% 4.0% 4.0%


7歳上(0-0-2-20) 0.0% 0.0% 9.1%

4歳馬の勝ちが10年で6回と多い。

6歳以上は
(0-1-2-44)

7歳以上は連対なしと厳しそうです。

次に牡馬牝馬の比較です

牝馬  (5-2-2-16)


牡・セン(5-8-8-128)

牝馬の活躍が目立っています。
ジェンティルドンナ、デニムアンドルビー、ブエナビスタ、
ウオッカ、レッドディザイア、ショウナンパンドラと
G1で好走暦がある馬。

美浦(1-0-2-31) 2.9% 2.9% 8.8%


栗東

(9-10-8-68)

9.5% 20.0% 28.4%


地方(0-0-0-3)  0.0% 0.0% 0.0%


外国(0-0-0-42) 0.0% 0.0% 0.0%

△関東馬・関東所属騎手
(0-0-1-20)

外国馬は2007年以降馬券になっていません。

×外国馬
(0-0-0-42)

メンバー的にも過去の参戦馬の方が豪華だった気がします。。

ジャパンC/枠データ
1枠(2-2-3-13)
2枠(2-0-1-17)
3枠(2-1-2-15)
4枠(1-0-0-19)
5枠(0-3-1-16)
6枠(0-1-0-18)
7枠(1-0-2-23)
8枠(2-3-1-23)

1枠の成績が比較的良好です

ジャパンC/馬番データ
1番 (1-1-2-6)
2番 (1-1-1-7)
3番 (0-0-0-10)
4番 (2-0-1-7)
5番 (1-0-1-8)
6番 (1-1-1-7)
7番 (1-0-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-2-0-8)
10番(0-1-1-8)
11番(0-0-0-10)
12番(0-1-0-8)
13番(0-0-1-9)
14番(0-0-0-10)
15番(2-0-1-7)
16番(1-2-0-7)
17番(0-1-1-7)
18番(0-0-0-6)

1.2番の馬の成績が比較的良好

3.8.11.14番は複勝圏内なし

馬番はその馬が走るルートが脚質や騎手により全く異なるのであまり重要視する必要はないかもしれませんね。

ここまでのデータで今の所気になるのは

レイデオロです。

秋競馬が進むにつれ1つ抱いている疑問があります!

それがこちらです!

https://blog.with2.net/link/?1934553

結構ボロクソ言われてますが同感してくれる人がいると嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!