[2017ジャパンカップ]有力馬紹介とマイルチャンピオンシップ結果報告!

Pocket

こんばんはたらです。

今日は[2017ジャパンカップ]の記事を中心に書いていきたいと思います!

皆様今週末はいい週末になりましたでしょうか?

マイルチャンピオンシップ、東京スポーツ杯2歳ステークス等次に繋がる活躍をみせた馬がいました!

みててワクワクする競馬をしてくれたと思います!

来週のジャパンカップでもそんな馬たちの激走が楽しみですね!

果たしてどの馬がいい走りを魅せてくれるのか今日は有力馬の紹介をしていこうと思います!

その前にまず[2017マイルチャンピオンシップ]の結果報告をさせて頂きます!

最終予想記事

今回は人気が割れていて配当もある程度見込めそうな三連複をメインで推奨したいと思います!

推奨買い目は

フォーメーション

1頭目 エアスピネル

イスラボニータ

2頭目 1頭目指定の2頭と

マルターズアポジー

ウィンガニオン

3頭目 全紐馬

エアスピネル

    クルーガー

    マルターズアポジー

    ウィンガニオン

    イスラボニータ

    グランシルク

    サングレーザー

   ヤングマンパワー

   レッドファルクス

     ペルシアンナイト 

     アメリカズカップ

以上です!

 

外れました!

以上です!

嘘です。きっちり反省したいと思います。w

今週の記事で載せさせて頂いた、どのデータを重要視するか

結果をみると

「騎手」

が、やはり重要だったようです!

1着ペルシアンナイトに騎乗したのは神ってる騎手

M・デムーロ

2着エアスピネルには東京スポーツ杯2歳ステークスでワグネリアンで見事勝利をおさめた

R・ムーア

3着サングレーザーにはC・デムーロから手が戻った

福永祐一

買い目も三連複で充分配当がつくと予想し、そこそこの配当。

買い目をもっとうまく予想出来ていれば、、

申し訳ございません!!

気を取り直して、

[2017ジャパンカップ]の有力馬紹介をしていきたいと思います!

キタサンブラック

2015年の菊花賞を皮切りに、前走の天皇賞(秋)でGⅠ6勝目をマーク。2016年度にはJRA賞年度代表馬に輝いた現役最強馬。年内での引退が表明されており、出走予定のレースはジャパンカップ、有馬記念と残り2戦。その勇姿を目に焼き付けておきたい。

レイデオロ

今年の日本ダービーを制して、2014年生まれのサラブレッド7015頭の頂点に立った。今秋はジャパンカップを最大目標に置いて、前走の神戸新聞杯(1着)をステップにする予定通りのローテーション。中間は熱心に乗り込みを消化しており、万全の仕上げで臨む。

サトノクラウン

一昨年が17着、昨年が14着と敗れていた天皇賞(秋)で、今年は過去最高の馬体重(498kg)で勝ったキタサンブラックとクビ差の2着。心身共に成長して、充実期を迎えていることは明らかだ。休み明けを1度使われた上積みが見込める今回も、優勝争いが濃厚だ。

ソウルスターリング

父Frankelは現役時代に“怪物”の異名を取り、14戦無敗でG1・10勝を挙げた歴史的名馬。母スタセリタもフランスとアメリカでG1を6勝しており、本馬は“超”の付く良血馬だ。秋2戦の成績は物足りないが、世界が注目するジャパンカップで本領発揮が期待される。

シュバルクラン

半姉に、2013年と2014年のヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナ。半妹には昨年の秋華賞と今年のドバイターフ(G1)を優勝したヴィブロス(共に父ディープインパクト)がいる。本馬は前走の京都大賞典3着後は本レースに照準を合わせており、悲願のGⅠ勝利を目指す。

マカヒキ

昨年の日本ダービーでは、サトノダイヤモンド(2着)との追い比べをハナ差制して見事に優勝。秋にはフランスの凱旋門賞(G1、シャンティイ・芝2400m、14着)に挑戦した、現4歳世代トップクラスの実力馬だ。日本ダービーと同じ舞台で、復活の勝利を目指す。

以上jra有力馬紹介です。

個人的に注目したいのは

やはり年内引退が決まっているキタサンブラック

そして古馬たちを相手に3歳世代牡馬筆頭格といっても過言ではないレイデオロがどういう走りをするかです。

次回から過去10年データを基に予想をしていきたいと思います!

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!