[阪急杯2018]無料予想|有力馬一覧

Pocket

今日は阪急杯2018無料予想|有力馬一覧の記事を中心に書いていきたいと思います!

2018年阪急杯は果たしてどんな馬が出走を予定しているのか?

 

例年に比べ中々の好メンバーが揃いました

阪急杯

 

有力馬とレース傾向を見ていきたいと思います!

 

無料予想に向けて注目馬も発表させて頂きます!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

先週は4重賞の内京都牝馬ステークス

馬単のみ的中とかなり厳しい週となりました!

京都牝馬ステークスはデアレガーロ

ミスパンテールで馬単拾いましたが

4着馬エンジェルフェイスをよりプッシュし

 

馬単以外にワイドと3連複を推奨

 

ハナ差で4着という超悶絶の結果となりました!

 

今週は挽回したいと思います!

 

有力馬

 

モズアスコット

 

今回は約2か月ぶりのレース。

それほどハードな調教は行われていないが、動きの質は相変わらず高い。

 

間隔が詰まっていた前走の阪神C(4着)よりもフレッシュな状態と考えれば、

久々もむしろプラス材料と判断できそう。

 

当日に落ち着きがあれば、ほぼ問題ないはずだ。

 

レッドファルクス

 

58キログラムの負担重量は昨春の京王杯スプリングC(1着)で克服済みだが、

当時はスピードや瞬発力がそれほど必要とされない重馬場だった。

 

開幕週の芝で速い時計の決着になると、

追走に手を焼くシーンがあるかもしれない。

 

カラクレナイ

 

京都コースでも勝ってはいるが、

直線の急坂をプラスにできるピッチ走法の馬。

重賞勝ち(昨年のフィリーズレビュー)の実績だけでなく、

純粋に阪神が合うタイプと考えていいだろう。

馬体重は500キログラム前後まで増えており、

この点でも坂のあるコース向きと判断できる。

 

モーニン

 

ヘニーヒューズ産駒ということもあってか、

芝のレースへ出走してくる馬の中では脚さばきが少し硬めに見えるが、

それで走れているのだから、

あまり気にする必要はないだろう。

 

芝2戦目でもう少し流れに乗れるようなら、面白いはずだ。

 

ダイアナヘイロー

 

休み明け2戦目は〔1・1・0・0〕の好成績だが、

約4か月ぶりの前走・シルクロードS(16着)は負け過ぎの印象もある。

中3週の間隔で、

どこまで状態を上げてくることできるが鍵になる。

ベストの距離は5勝をマークしている芝1200メートル。

今回は芝1400メートルの克服も課題だろう。

前走では本命に推し見事撃沈(笑)

 

ディバインコード

 

阪神・芝コースでは〔0・0・2・0〕と詰めの甘さを見せているが、

その2戦はどちらも外回りの芝1600メートルだった。

初めて走る内回りの芝1400メートルなら、

違った一面を見せてくれるはず。

すでに何度も関西の競馬を経験しており、長距離輸送は苦にしない馬だ。

 

アポロノシンザン

 

父譲りのスピードが武器。

芝1200メートルにも勝ち鞍はあるが、

自分の形に持ち込みやすい芝1400メートルの方が得意のようで、

昨年はこの距離で4勝をマークした。

 

前走の阪神C(14着)こそ大敗したが、

条件はベストと言えるだけに、巻き返しが期待される。

 

ニシノフラッシュ

 

これまで京都で2勝、東京で2勝、

福島で1勝と、

直線に急坂のある阪神では勝ち星を挙げていないが、

数をそこまで使っていないという見方もできる。

 

全5勝中4勝を挙げている芝1400メートルの距離はベストと言え、

あとは阪神コースをどう攻略するかだろう。

 

有力馬紹介は以上です!

 

阪急杯は、

高松宮記念や安田記念といった

春の短距離戦線の大舞台を目指す

4歳以上の強豪が激突する一戦。

 

過去10年で単勝1番人気馬は2勝2着2回と、

その信頼度は決して高くない。

 

1番人気に推されるであろうレッドファルクス

 

人気しそうなモズアスコット、ダイアナヘイロー等含め

 

人気馬はどの馬もやや不安要素あり。

ただあえてその中から

現時点でのワタクシたらの注目馬は

ブログランキングにて発表させて頂きます!

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

前走は大敗。

 

今回もやや不安が残るが

調教師が今回のレースで引退する福島調教師。

ここはメイチ仕上げでくるのでとりにくるのでは?