[根岸ステークス]出走馬|有力馬チェック

Pocket

 

今日は根岸ステークス2018出走馬|有力馬チェックの記事を中心に書いていきたいと思います!

フェブラリーステークスへのステップレースとして重要な意味合いをもつ

 

根岸ステークス

 

果たして2018年の根岸ステークスはどの馬が勝利をおさめるのでしょうか?

 

有力馬をチェックする事で的中率もアップすると思いますので、

 

見ていきたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

まずはどんなレースなのかを見ていきましょう!

 

新春の東京開催の開幕週に行われる根岸Sは、

3週間後のフェブラリーSを視野に入れる馬が出走する重賞。

昨年は根岸Sの1、2着馬が共にフェブラリーSで3着以内に入り、

一昨年はモーニンが根岸SとフェブラリーSを連勝している。

 

今年も春の大一番を展望するために、しっかりとチェックしておきたいレース

 

次に有力馬をチェックしたいと思います!

 

有力馬チェック

 

カフジテイク

 

昨年の本レースでは、

最後の直線で大外を強襲して鮮やかに差し切り、重賞初制覇を達成。

 

続くフェブラリーSで1番人気に支持されて3着に入ると、

その後はUAE遠征も経験した。

 

近走の内容は案外も、

ベストの条件に出走する今回は連覇の期待が高まる馬。

 

アキトクレッセント

 

前走のオープン特別・ギャラクシーS(阪神・ダート1400m)を、

余裕十分の手応えで抜け出して快勝。

 

以前はテンションが高くなることもあったが、

今は馬に落ち着きが出て、精神面の成長が顕著だ。

 

上昇機運に乗って登場するだけに、ここも見逃せない。

 

ベストウォーリア

 

2014年、2015年のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ、盛岡・ダート1600m)を連覇し、

昨年のフェブラリーSでは2着に好走。

 

今回のメンバーの中では実績上位の存在だ。

 

近走の着順はひと息だが、大きく評価を下げるのは早計だろう。

 

キングズガード

 

ダート1400mで全8勝をマーク。

3着内率は90%を超えており、

 

距離適性では最右翼と言っていい。

 

また、以前は右回りに勝ち星が集中していたが、昨年は中京コースでプロキオンSを優勝。

 

左回りでも力を発揮できるようになっている。

 

ノンコノユメ

 

2015年にジャパンダートダービー(JpnⅠ・大井・ダート2000m)を制した実績馬。

迫力ある末脚の持ち主で、

東京・ダートコースではユニコーンSと武蔵野Sを優勝しており、今回の舞台はぴったりだ。

 

脚質的に展開に左右されやすい面はあるが、ここも目が離せない。

 

ブラゾンドゥリス

 

東京・ダートコースで4勝、2着2回を記録。

3着内率70%も優秀な数字だ。

 

昨秋初戦の武蔵野Sこそ大敗(15着)したが、

その後はオープン特別・福島民友C(福島・ダート・1700m)4着、

オープン特別・ギャラクシーS(阪神・ダート1400m)2着と、

 

上昇ムードを示している。

 

サンライズノヴァ

 

昨年のユニコーンSを4馬身差で快勝。

 

力強い末脚と高いコース適性をアピールした。

 

まだ安定感に欠ける面はあるものの、

前走のオープン特別・師走Sでは中山・ダート1800mでインをさばいて2着に好走。

 

レースぶりにも成長がうかがえる一頭だ。

 

ニシケンモノノフ

 

前走のJBCスプリント(JpnⅠ、大井・ダート1200m)を優勝。

念願のビッグタイトルを手中に収め、

充実ぶりが目を引く存在だ。

 

京都のシルクロードSへ出走する可能性もあるが、

根岸Sに出走してくれば、その実績から軽くは扱えない。

 

有力馬チェックは以上となります!

 

現時点で

ワタクシたらが最も注目するのがこの馬

 

ランキングで発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

この馬→人気ブログランキングへ

 

昨年、一昨年とフェブラリーステークス好走馬を輩出している

根岸ステークス組

やはりこの馬は無視出来ない。