[東京新聞杯2018]予想|枠順発表後見解&過去データ照合

Pocket

今日は

東京新聞杯2018]予想|枠順発表後見解

の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

安田記念やヴィクトリアマイルと同舞台の重賞

東京競馬場1600mで行われる

 

2018年の東京新聞杯

 

果たしてどの馬が有利な枠に入ったのか?

過去データの照合をしていきたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

いよいよ

週末が目前に迫ってきました!

 

土曜は重賞なしですが

 

日曜東京新聞杯&きさらぎ賞の

 

2重賞きっちりとれるよう

予想を進めていきたいと思います!

 

まずは発表された枠順を見ていきたいと思います!

 

1枠1番アドマイヤリード

1枠2番デンコウアンジュ

 

2枠3番サトノアレス

2枠4番ディヴァインコード

 

3枠5番トウショウピスト

3枠6番ガリバルディ

 

4枠7番クルーガー

4枠8番リスグラシュー

 

5枠9番ハクサンルドルフ

5枠10番ダノンプラチナ

 

6枠11番ベルキャニオン

6枠12番マイネルアウラート

 

7枠13番カデナ

7枠14番ストーミーシー

 

8枠15番ダイワギャグ二ー

8枠16番グレーターロンドン

 

こちらを過去データ照合したいと思います!

 

枠順過去データ10年

 

1枠(1-1-4-12)

2枠(1-2-0-14)

3枠(4-2-0-13)

4枠(3-0-2-14)

5枠(0-2-1-16)

6枠(0-1-2-16)

7枠(0-2-1-17)

8枠(1-0-0-18)

 

1、3枠の成績がいいようです!

 

1枠1番アドマイヤリード

1枠2番デンコウアンジュ

3枠5番トウショウピスト

3枠6番ガリバルディ

 

昨年のヴィクトリアマイル1、2着のアドマイヤリード、デンコウアンジュが1枠に入りました!

 

デンコウアンジュが好走するイメージは外枠のイメージが強かったので

果たして今回はどうでしょうか。。

 

3枠にはそれぞれ阪神カップ、マイルチャンピオンシップで前走大敗を喫した

 

トウショウピスト、ガリバルディが入りました。

ガリバルディは京成杯AHや中京記念で人気薄で激走しているので若干怖い存在ですね。

 

成績がいまいち芳しくない大外枠の8枠には

8枠15番ダイワギャグ二ー

8枠16番グレーターロンドン

が入りました。

 

恐らく人気の一角を担うであろうグレーターロンドンですが大外枠に入ってしまいました。

 

馬番ではどうでしょうか?

 

馬番別過去データ

1番 (0-1-3-6)

2番 (2-0-1-7)

3番 (0-2-0-8)

4番 (0-1-0-8)

5番 (2-1-0-7)

6番 (3-1-0-6)

7番 (2-0-2-6)

8番 (0-0-1-9)

9番 (0-1-0-9)

10番(0-0-2-8)

11番(0-1-0-8)

12番(0-0-1-8)

13番(0-1-0-8)

14番(0-1-0-8)

15番(1-0-0-7)

16番(0-0-0-7)

 

1、6、7番がいい成績をあげているようです!

 

1枠1番アドマイヤリード

3枠6番ガリバルディ

4枠7番クルーガー

 

逆に8、12、16番は連対なしです。

 

4枠8番リスグラシュー

6枠12番マイネルアウラート

8枠16番グレーターロンドン

 

おもしろいくらい気になる馬がいい馬番に入り

 

逆に人気の一角を担うであろう馬が2頭

あまり成績のよくない馬番に入りました。

 

果たして今年も荒れる重賞のイメージそのままに穴党にはたまらない結果が

待ち受けているのでしょうか?

 

最終予想と推奨買い目を明日発表させて頂く予定ですが

 

現時点で重要視する予定の馬を

ブログランキングで発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

重要視予定馬 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

きさらぎ賞の予想記事でも書かせて頂きましたが

固めの決着を拾いにいくより

 

荒れた時しっかり穴馬がおさえられているように

推奨馬

推奨買い目を出させていただいております!

 

ガチガチに固い結果の際は余裕でガミります。ご注意ください!(笑)

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!