[有馬記念2017]有力馬紹介と朝日杯フューチュリティステークス結果報告!

Pocket

今日は有馬記念2017有力馬紹介と朝日杯フューチュリティステークス結果報告の記事を中心に書いていきたいと思います!

いよいよ来週末に迫った2017年の有馬記念

有力馬紹介をしながら

キタサンブラックなのか?

シュヴァルグランなのか?

スワーヴリチャードなのか?

はたまた他に盲点になる馬がいるのか?

みていきたいと思います!

合わせてかなり固めの決着だった

朝日杯フューチュリティステークスの結果報告もしていきます!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

昨日のターコイズステークスは的中をお届けし

勢いにのって挑んだ

朝日杯フューチュリティステークス

結果報告を先にさせて頂きたいと思います!

 

最終的な過去10年データ照合結果は

 

+4 人気ブログランキングへ

(タワーオブロンドン)

+2ダノンプレミアム

フロンティア

アサクサゲンキ

ステルヴィオ

カシアス

ダノンスマッシュ

となりました!

 

推奨買い目を載せさせて頂きたいと思います!

軸馬→馬単流し紐馬6頭(6点)

三連複軸馬1頭流(15点)

三連単軸馬1着固定→紐馬(30点)

以上です!

 

結果は、、、

1着紐馬ダノンプレミアム

2着紐馬ステルヴィオ

3着軸馬タワーオブロンドン

馬単6点  不的中

三連複15点  的中トリガミ

三連単30点

 

ダノンプレミアム強かったですね。。

軸馬タワーオブロンドンは1度も先頭にたつことなく

ギリギリ3着という結果に終わってしまいました。。

気持ちを切り替えて来週の有馬記念は

的中をこの手にしたいと思います!

 

有馬記念有力馬紹介

 

キタサンブラック

 

今年は大阪杯を制し天皇賞春秋制覇を達成。

自身の獲得GⅠタイトル数を「6」に伸ばしている。

連覇を狙った前走のジャパンカップは3着に敗れたが、自分の持ちタイムは更新しており、内容は十分に濃かった。

引退レースのここで有終の美を飾りたい。

ジャパンカップでは最後の直線でトラブルがありながらも3着と健闘。

 

シュヴァルグラン

5番人気で出走した前走のジャパンカップでは、好位追走から最後の直線で見事な切れ味を発揮。

昨年の年度代表馬キタサンブラック(3着)、今年のダービー馬レイデオロ(2着)を退けてGⅠ初制覇を成し遂げた。

勢いに乗って連勝を目指す。

 

サトノクラウン

 

昨年の香港ヴァーズ(G1、シャティン・芝2400m)で念願のビッグタイトルを手中に収めると、今年は宝塚記念を快勝し国内でもGⅠ制覇を果たした。

前走のジャパンカップは10着と本来の能力を発揮できなかったが、有馬記念で巻き返しを期す。

 

スワーヴリチャード

 

今年の日本ダービーで2着に好走。

現3歳世代で上位の能力を誇る一頭。

今秋の始動は遅れたが、初の他世代との対戦だった前走のアルゼンチン共和国杯を制し、あらためて素質の高さをアピールした。

まだキャリアが浅く、成長の余地を残している点も魅力だ。

 

ミッキークイーン

 

3歳時の一昨年にオークスと秋華賞を制覇。

現役牝馬の中では上位の力量を持つ一頭。

今回は牡馬のトップクラスが相手になるが、今年の宝塚記念では3着に好走しており、全く見劣りしない。

休養明け2戦目のここは、末脚全開が期待される。

 

ルージュバック

 

まだGⅠのタイトルは獲得していないが、すでに重賞を4勝。

しかも、牡馬相手に高いパフォーマンスを見せている点は見逃せない。

前々走の産経賞オールカマーを勝った時のような器用なレース運びができれば、ここでも面白い。

 

レインボーライン

 

前走のジャパンカップでは、メンバー中最速タイの上がり3ハロン34秒6(推定)をマークし、最後方から6着まで追い上げた。

また、不良馬場で行われた前々走の天皇賞(秋)で3着。

馬場状態を問わずに能力を発揮できる点はセールスポイントだろう。

 

以上有力馬紹介となります!

 

今のところの注目馬は 人気ブログランキングへ

 

前前走、前走の走りを見る限りそろそろ

前走のシュヴァルグランのように

人気馬をなぎ倒しタイトルを手にしても

いい頃では?

今日は以上になります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!