[京都牝馬ステークス2018無料予想]有力馬|レース傾向

Pocket

今日は京都牝馬ステークス2018無料予想]有力馬|レース傾向の記事を中心に書いていきたいと思います!

果たして2018年の京都牝馬ステークスには

どんな馬が出走を予定しているのか?

 

有力馬の実績等をチェックしていきたいと思います!

 

今週は4重賞。

 

1つ1つのレースを

予想できる時間が必然的に少なくなると思います!

 

サクサク有力馬をチェックして頂きたいと思います!

 

 

 

こんにちはたらです。

 

今年の京都牝馬ステークスは

 

昨年のターコイズステークスを制した見事復活の狼煙をあげた

ミスパンテールや

 

昨年の2着馬で

スプリンターズステークスでも

3着に好走した

 

ワンスインナムーン

など

中々面白いメンバーが揃いました!

 

どの馬を軸に据えるか

非常に悩ましいメンバーですので

 

まずは有力馬を見ていきたいと思います!

 

有力馬

 

ミスパンテール

 

課題は初挑戦になる芝1400メートルの克服だが、

今年の京都開催の芝コースは例年よりも時計を要し、

パワーも必要になっている。

 

500キログラムと牝馬でも大柄な本馬に向いた馬場と言え、

初の距離にも対応できそうだ。

 

ワンスインナムーン

 

今開催に行われたスプリント重賞のシルクロードSでは、

アドマイヤムーン産駒が1・2・3着を独占。

 

力の必要な馬場を得意とする種牡馬で、ワンスインナムーンもこの産駒だ。

今回は、香港遠征で減らしていた馬体を戻してくることができるかが、焦点となるだろう。

 

ソルヴェイグ

 

前走の京阪杯(9着)は、

2番手から上手に競馬をしながら直線で失速。

 

前々走のオープン特別・オパールS(京都・芝1200メートル、1着)より2秒近く遅い走破時計から推測するに、

開催最終週の力を要する馬場がこたえたと考えられる。

当日の馬場コンディションが鍵になりそうだ。

 

デアレガーロ

 

今回が初の関西遠征。

 

牝馬でも十分な馬格のある馬で、

輸送による馬体重の減少を心配する必要はないかもしれないが、

レース直前の移動でテンションが上がってしまう可能性は否定できない。

 

当日のパドックで落ち着いているかどうかの確認はしておきたい。

 

エンジェルフェイス

 

全姉のレディアルバローザは古馬になって重賞を2勝。

 

この馬自身は3歳春のフラワーCを勝っているが、

血統的には晩成タイプだろう。

 

1年ぶりの前走は12キログラムの馬体増。

しかし、そこまで太い印象はなかった。

 

成長分もあったと考えていいはずだ。

 

ミスエルテ

 

激しい気性がネックになって、なかなか結果を出せずにいる。

パドックで燃え過ぎてしまうことは少なくなっているが、

今回も警戒はしておきたい。

 

昨秋、馬体重の増加があったが、それまでが細かっただけで、前走くらいの数字なら問題はないだろう。

 

ヴゼットジョリー

 

3着以内というわかりやすい結果こそ出していないが、

休み明け2走目よりも休み明けのほうがレースの内容はいいくらいで、

4か月ぶりになる今回も調教の動きは素軽い。

 

〔0・0・0・3〕という休養明けの成績を気にする必要はないだろう。

 

サザナミ

 

休み明けでも軽い調整になることが多い馬だが、

今回は美浦の坂路でしっかりと基礎を作り、

2月7日に南Wコースで行われた1週前追い切りでは6ハロンからの時計をマーク。

 

意欲が感じられる調整過程になっている。長距離輸送を克服することができれば、面白い存在だ。

 

有力馬紹介は以上となります!

 

現時点でワタクシたらの注目馬を

ランキングで発表させて頂きます!

 

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

恐らく1番人気にはならないと思いますが

 

この馬の実力は本物だと思います。

 

道中よっぽどの不利がない限り

複勝圏内を外すことはないと思います!

 

次回過去データ一覧照合記事を書かせていただきます!

是非ご覧ください!

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!