[フェブラリーステークス2018予想]有力馬|ゴールドドリームテイエムジンソクノンコノユメ他

Pocket

今日は

フェブラリーステークス2018予想有力馬|ゴールドドリームテイエムジンソクノンコノユメ他の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

いよいよ今週は

2018年のスタートを飾るG1

 

フェブラリーステークス

 

が開催となります!

 

昨年のダート戦線は

 

かなり実力が拮抗した印象でした。

 

しかし、

昨年チャンピオンズカップ、フェブラリーステークスを制した

 

ゴールドドリーム

 

昨年のチャンピオンズカップ1番人気に推され

2着に入着

今年も東海ステークスを制し

 

主役の座は譲れない

 

テイエムジンソク

 

この2頭の存在が予想の上で

重要視されるのではないでしょうか?

 

もちろん他にも根岸ステークスを制したノンコノユメなど

 

侮れない馬たちが出走を予定しています!

 

今日は

フェブラリーステークスに出走予定の有力馬を見ていきたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

先週はまさかの4日間変則開催

 

そして昨日の小倉は、、、

結果を見ていただければ分かりますが

 

かなり難しい1日となったと思います!

 

ゴールドドリーム

 

昨年はフェブラリーSとチャンピオンズCを制し、2017年度のJRA賞最優秀ダートホースを受賞した。

 

チャンピオンズC後は前年同様のローテーションを採り、

フェブラリーSに照準を合わせて順調な乗り込みを消化。

ダート王者として、恥ずかしい競馬はできない。

 

テイエムジンソク

 

昨年のこの時期は1600万円以下クラスにとどまっていたが、

その後にメキメキと頭角を現し、

同年のみやこSで重賞初制覇を果たすと、

続くチャンピオンズCでは2着に好走。

 

ダート界のトップクラスと言える実力馬に成長した。

 

今年は東海ステークスを圧倒的1番人気で見事勝利し

実力を証明してみせた。

 

ノンコノユメ

 

2016年の帝王賞(JpnⅠ、大井・ダート2000メートル、2着)後に去勢手術が施され、

復帰後の成績はやや低迷していたが、

前走の根岸Sを勝利。

 

2015年武蔵野S以来の勝利を収め、復活ののろしを上げた。

 

雌伏の時を経て、JRAのGⅠ初制覇を狙う。

 

ケイティブレイブ

 

これまでケガらしいケガがなく、

“無事是名馬”を地で行く本馬は、

キャリアを重ねるごとに地力をつけ、前走の川崎記念(JpnⅠ、川崎・ダート2100メートル)でJpnⅠ2勝目をマーク。

 

今月末で定年を迎える目野調教師にとっては今回が最後のGⅠとなるだけに、

渾身の仕上げで挑むはず。

 

アウォーディー

 

5歳時の2015年秋にダートへ転じると、

2度の休養を挟みながら破竹の6連勝で2016年のJBCクラシック(JpnⅠ、川崎・ダート2100メートル)を制してビッグタイトルを獲得。

 

8歳でも馬体は若々しく、

初のマイルがプラスに働けば、

 

もうひと花咲かせても不思議はない。

 

サンライズノヴァ

 

昨年のユニコーンSが4馬身差の圧勝で、

現4歳世代のダート界トップクラスの実力馬。

 

3走前の武蔵野Sこそ12着と大敗したが、

東京のダート1400から1600メートルはベストの条件と言える。

今回は豪華メンバーが顔をそろえたが、

世代交代となるか注目の一戦。

 

サウンドトゥルー

 

一昨年のチャンピオンズCでは、

4コーナー13番手から豪快な追い込み勝ちを決めて、

2016年度のJRA賞最優秀ダートホースを受賞。

発走地点が芝の東京・ダート1600メートルで行き脚がつくかは鍵だが、

差し脚が生きる展開になれば上位進出も可能だろう。

 

ニシケンモノノフ

 

昨年のJBCスプリント(JpnⅠ、大井・ダート1200メートル)では、

コパノリッキー(2着)を退けて、初のビッグタイトルを獲得。

 

ベストの距離は1400メートル以下だろうが、

昨年の本レースでは見せ場十分の5着に健闘しており、

 

1600メートルまでは守備範囲と言える。

 

有力馬紹介は以上となります!

 

果たしてこの中から勝ち馬がでるのか?

 

もしくは穴馬が台頭するのか?

 

現時点でのワタクシたらの

見解&注目馬を

ランキングで発表させて頂きます!

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ