[チャンピオンズカップ2017]有力馬紹介

Pocket

今日はチャンピオンズカップ2017の有力馬紹介の記事を中心に書いていきたいと思います!

2017年のチャンピオンズカップはかなりのメンバー構成となりました!

右を見ても、左を見てもどれから買えばいいか悩むような1戦!

だからこそワタクシ、たらは、皆様のお役に少しでもたてるように予想に励みます!

早速チャンピオンズカップ2017の有力馬紹介をしたいと思います!

 

こんばんはたらです!

 

今週末の結果はいかがでしたか?

勝った人は余韻に浸り明日から1週間ウキウキですね!!

負けた人は腐らず来週末の予想に励みましょー!

お給料日直後という事もあり大勝負に敗れた方は

有馬記念までお仕事に集中しましょー!w

 

それではは今週末に迫ったチャンピオンズカップの有力馬の紹介を行って行きたいと思います。

コパノリッキーや、アウォーディーなど注目したい馬が揃いましたので

しっかり見て行きますよ。

 

 

|チャンピオンズカップ 有力馬紹介

 

コパノリッキー

2014年フェブラリーSを皮切りに、

前々走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ、盛岡・ダート1600m、1着)で、

ホッコータルマエと並ぶ歴代最多タイのGⅠ、JpnⅠ10勝目をマーク。

本レースで勝利を挙げれば単独トップとなる。大記録達成に向けて、目が離せない。

 

 

サウンドトゥルー

ャリアを重ねながら着実に地力をつけ、

一昨年12月の東京大賞典(GⅠ、大井・ダート2000m)でGⅠ初制覇を達成。

昨年にはチャンピオンズC、今年は前走のJBCクラシックを勝利し、タイトルを積み上げた。

今回は本レース連覇を目指す。

 

 

テイエムジンソク

前走のみやこSでは、早め先頭から後続を2馬身1/2差突き放す圧巻のパフォーマンスで重賞初制覇を果たした。

今回はGⅠ初挑戦で一気にメンバーが強くなるうえに、左回りコースも初経験になるが、

現在の充実ぶりは目を見張るものがあり、どこまで通用するのか注目だ。

 

 

アウォーディー

ダートに矛先を向けた一昨年9月から破竹の6連勝で、

昨年のJBCクラシック(JpnⅠ、川崎・ダート2100m)を制覇。

その後は勝ち星を挙げていないが、休み明けの前走を1度使われて状態が上向いており、

勝ち馬サウンドトゥルーにクビ差の2着と敗れた昨年の雪辱を果たしたい。

 

 

アポロケンタッキー

2000m)で、初のビッグタイトルを獲得。

前走のJBCクラシック(JpnⅠ、大井・ダート2000m)は離された8着と敗れたが、

本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが可能だろう。

 

 

ケイティブレイブ

今年6月の帝王賞(JpnⅠ、大井・ダート2000m)で念願のビッグタイトルを獲得。

れまでは逃げ・先行策で好結果を残していたが、帝王賞は後方追走からの差し切り勝ちだった。

脚質に幅が出たことで展開に左右されにくくなり、安定感も増してきた。

 

 

ゴールドドリーム

今年のフェブラリーSを制して、ダート界の頂点に上り詰めた実力馬。

その後の成績はひと息だが、前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ、盛岡・ダート1600m)5着後は、

本レースに照準を合わせて熱心な乗り込みを消化している。

ここは本領発揮が期待される。

 

 

ノンコノユメ

ダート界では一二を争う瞬発力が持ち味で、

一昨年にジャパンダートダービー(JpnⅠ、大井・ダート2000m)を制し、

GⅠ、JpnⅠでの2着も3度ある実績馬。前走の武蔵野S(4着)で復活の足がかりをつかんだ感があり

展開が向けばまとめて差し切っても不思議はない。

 

 

では、最後にワタクシ、たらが現時点で一番注目している馬を

ランキングの方で発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

この馬 人気ブログランキングへ

 

この馬は今回乗り替わりとなるものの騎手との手も合う。

加えて、芸能人馬主という点も加点したいと思います!

近年のチャンピオンズカップを見ていても芸能人が馬主をしている馬の好走率が目立っており

今回この馬もそれに該当しますので是非ここで狙いたいと思います!

 

 

以上が主要メンバーです。

果たしてこの馬達の中で決着するのか。

はたまた思いもよらぬ穴馬の激走があるのか次回の記事で検証していきたいと思います!

5番人気以下の馬が10年連続複勝圏内に突っ込んできている波乱の可能性が高いレースでもあるので

いい紐穴馬を発見できるように予想がんばります!

 

通常週は次週の重賞の有力馬紹介と当日の重賞レース予想結果報告をさせて頂いているのですが[ジャパンカップ2017]結果記事は別で書かせていただきます!

 

もし興味をもっていただけたらご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!