[ダイヤモンドステークス2018]有力馬|レース傾向

Pocket

今日はダイヤモンドステークス2018有力馬|レース傾向

の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

果たして2018年のダイヤモンドステークスには

どんな馬が出走を予定しているのか?

 

有力馬の実績等をチェックしていきたいと思います!

 

 

 

こんにちはたらです。

 

今年のダイヤモンドステークスは

昨年ステイヤーズステークスで

 

2着したフェイムゲーム

3着のプレストウィック

 

も出走を予定しています!

 

ただ名ステイヤーアルバート

 

の姿はなく

 

どの馬を軸に据えるか

 

ハンデ戦である事が

 

どこまで影響してくるかが

鍵になってくると思います!

 

まずは有力馬を見ていきたいと思います!

 

有力馬

 

フェイムゲーム

 

2014年と2015年の本レースを連覇するなど、

現役馬の中でも屈指の長距離適性を誇る。

 

前走のステイヤーズSは2着だったが、勝ったアルバートが強すぎた印象。

条件のそろった今回は、自身6度目の重賞制覇が可能だろう。

 

おそらくこの馬が今回軸にする人が最も多そう。

 

ステイヤーズステークスは長期休養あけで2着に好走。

 

実力を証明してみせた。

 

プレストウィック

 

前走のステイヤーズSでは強豪2頭(アルバート=1着、フェイムゲーム=2着)に次ぐ3着に健闘。

 

長距離レースなら重賞制覇も視野に入っている。

この中間も調教で好調をアピールしているだけに、

待望のタイトル奪取の期待が高まる。

 

相手筆頭に推される可能性が高い馬。

 

ソールインパクト

 

前走の日経新春杯は案外の結果(11着)だったが、

前々走のアルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャードの2着に好走。

 

その際には、セダブリランテス(3着)やアルバート(4着)といった強敵に先着を果たしている。

 

相性のいい東京コースなら、巻き返しが可能か。

 

前走の大敗でどれだけ人気を落とすか気になるところ。

 

ホウオウドリーム

 

東京・芝コースでは4戦3勝と、高いコース適性を示している。

前走の1600万下・早春S(東京・芝2400メートル)は、

休養明けで馬体が絞り切れず4着に敗れたが、

ゴール前では上々の伸び脚を見せていた。

 

ここは格上挑戦でも注意が必要。

 

リッジマン

 

1600万下クラスの身で臨んだ前走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000メートル)で2着に好走。

今回も格上挑戦になるが、スタミナは十分の馬だ。

 

うまく流れに乗って末脚を発揮できれば、上位争いに加わっても不思議はない。

 

レジェンドセラー

 

昨年の秋に1000万下(京都・芝2400メートル)、1600万下・オリオンS(阪神・芝2400メートル)を連勝し、本格化を遂げた。

 

前走のアメリカジョッキークラブCは7着だったが、道中の追走に余裕がなく、距離不足だった印象。

 

芝3400メートルの今回は前進が見込めるはずだ。

 

グランアルマダ

 

前々走のステイヤーズS6着、前走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000メートル)5着と、

 

逃げる形が身についてからはオープンクラスでも見せ場を作っている。

 

今回は末脚勝負のタイプが多いメンバー構成だけに、

単騎逃げならチャンスも広がりそうだ。

 

ハッピーモーメント

 

近走はひと息のレース内容が続いているが、昨年の目黒記念では3着に好走。

 

地力は十分で、左回りの長距離がベストのタイプだ。

 

放牧休養の効果でリフレッシュが見込める今回は、

本領発揮のシーンが期待できそう。

 

以上有力馬紹介でした!

 

ステイヤーズステークスの結果と

他レースでの好走組がやや

少ないことから

 

人気がある程度固まりそうな印象です。

 

ただハンデ戦ということもあり

 

人気どおりに中々決まらないレースでもあるので

 

過去データ等からしっかり見極める必要がありそうです!

 

現時点でワタクシたらの注目馬を

ランキングで発表させて頂きます!

 

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

成績のいい4歳の中で気になるのはこの馬。