[ターコイズステークス2017]有力馬紹介

Pocket

今日はターコイズステークス2017の有力馬紹介の記事を中心に書いていきたいと思います

 

牝馬限定戦であるターコイズステークスは

2015年に重賞に昇格

牝馬限定戦のハンデキャップ競走という事もあり

オープン特別時代を含めた過去10年で

1~3着を単勝5番人気以内の馬が占めたことは2010年の1度。

2015年は16頭立ての11番人気馬が優勝し、2着に16番人気、3着にも15番人気の馬が入って大波乱の決着。

 

今日は波乱が起きるレースとして知られている

2017年のターコイズステークス

有力馬紹介をしていきます!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

12月回収率をあげるには

こんなレースで1発どでかい花火を打ち上げるのも

いいんぢゃあないでしょうか?(笑)

 

先週のカペラステークスも

三連単は1000倍超

 

推奨買い目こそ外しましたが

推奨馬を6頭に絞り

 

馬連推奨

 

1着馬ディオスコリダー

2着馬スノードラゴン

はきっちり6頭の中に残っていました。

 

今回もうまく絞り込みができるようにしていきたいと思います!

 

その上でまずは有力馬紹介をしたいと思います!

 

有力馬紹介

 

ラビットラン

 

芝に矛先を向けた3走前の500万下(中京・芝1600m)を勝つと、

続くローズSでは8番人気の低評価を覆して重賞初制覇を飾り、

前走の秋華賞でも4着に健闘。

夏を境に本格化を遂げた一頭で、

このメンバーなら主役の座は譲れないのでは。

 

フロンテアクイーン

 

今夏のクラス再編成で1600万下クラスに降級しているが、

重賞で2度の2着(昨年のクイーンC、今年の福島牝馬S)

実績は十分。

この中間も引き続き好調をキープしており、今回も上位争いが濃厚か。

 

デンコウアンジュ

 

一昨年のアルテミスSでは、

メジャーエンブレム(2着、次走で阪神ジュベナイルフィリーズ優勝)を差し切って重賞初制覇。

今春のヴィクトリアマイルでは2着に入り、ポテンシャルの高さをアピールした。

今秋2戦の成績はひと息でも、侮れない存在。

 

ミスパンテール

 

ダイワメジャー産駒はこれまでJRAの重賞で26勝(12月10日終了時点)を挙げている

そのうちGⅠ5勝を含む24勝が芝1600m以下の距離。

本馬も今春のチューリップ賞で2着に入り、マイル適性の高さを示している。

ただ、今年のチューリップ賞はだいぶ前に記事にも書きましたが

かなり低レベルだった気がします。

 

リエノテソーロ

 

2歳時の昨年はデビューから無傷の4連勝で全日本2歳優駿(JpnⅠ・川崎・ダート1600m)を優勝。

今春のNHKマイルCでは2着

芝・ダートを問わないオールラウンダー

近走はやや不振だが、本来のパフォーマンスを発揮できればあっさり勝っても不思議はない。

 

エテルナミノル

 

前々走の1600万下・八坂S(京都・芝1800m)では、重馬場も向いたとはいえ牡馬相手に5馬身差の圧勝劇を演じて地力強化をアピール。

前走のエリザベス女王杯は11着に敗れたが、

全5勝を1600~1800mで挙げており、

芝1600mへの距離短縮であらためて注目したい。

 

サザナミ

 

今回は、3歳時の一昨年2月以来のマイル戦出走に加え、

中1週のローテーションで馬体の維持も鍵になる

ただ、近2走は牡馬混合のオープン特別で4、3着の成績を収めており、牝馬限定重賞なら能力は引けを取らないだろう。

末脚が生きる展開になれば、上位進出も可能だ。

以上有力馬紹介でした!

 

現時点での注目馬はこの馬です!

 

ランキングの方で発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

この馬 人気ブログランキングへ

今のところ近走の、成績からするとそこまで人気を被らなそうで

怖い存在。

近走不振→激走

あるんぢゃあないでしょうか?

どれ位の人気でレースを迎えるか注視が必要な1頭だと思います!

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!