[ステイヤーズステークス2017]過去10年データ

Pocket

今日は

ステイヤーズステークス2017過去10年データ

の記事を中心に書いていきたいと思います!

2017年のステイヤーズステークスは

出走登録馬を見る限り少頭数での開催となりそうです!

ただ、過去10年データを見る限り

平地レースの中で最長の3600mという事もあり

1~3番人気でのガチガチの決着が昨年を除きなく

7番人気以下の穴馬の好走も多いレースなので

紐馬もしっかり抑え、皆様に少しでも貢献できるよう過去10年データをみていきたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

先週ジャパンカップがおわり

軸馬キタサンブラック

紐馬9頭が1-7着を独占

残り2頭も9、10着と

かなりいい感じに絞れたのですが

ジャパンカップ結果報告の記事を見ていただくと分かりますが

悶絶のトリガミ馬券のみ

 

改めて買い方の研究を心に誓う今日この頃でございます。

というのも、今回のステイヤーズステークス2017もジャパンカップ同様近5年過去データを見る限り

固めの結果も有り得るレースであり

買い方がかなり重要になってくるレースになりうると思うからです!

 

果たしてどの馬を軸にし

どの馬を切り

どの馬を紐馬で残すべきか

早速、

過去10年データをみていきたいと思います!

 

過去10年データ

 

人気別データ

 

1番人気(4-1-1-4)

2番人気(0-2-3-5)

3番人気(1-1-1-7)

4番人気(1-3-1-5)

5番人気(1-0-1-8)

6-9番人気(3-2-1-34)

10番人気以下(0-1-2-55)

 

1番人気は比較的安定した成績のようです。

4番人気と6~9番人気の伏兵も

いい成績であることが分かります

 

牡馬牝馬

 

牝馬(0-0-0-6)

牡馬(10-10-10-112)

 

牝馬の出走が少なく

複勝圏内は牡馬のみ

 

馬齢

 

3歳馬(2-2-0-8)

4歳馬(1-3-4-18)

5歳馬(4-1-1-30)

6歳馬(1-2-1-29)

7歳以上(2-2-4-33)

 

馬齢はまんべんなく複勝圏内にきているようです。

 

所属厩舎

 

美浦(4-2-3-68)

栗東(6-8-7-50)

 

栗東がやや有利なようです。

 

ローテーション

 

アルゼンチン共和国杯

(7-2-5-44)

京都大賞典

(1-1-0-3)

OP特別

(0-3-1-16)

1600万下

(1-3-2-23)

 

アルゼンチン共和国杯組が圧倒的にいい成績をあげています。

 

前走着順

 

1着(1-0-1-8)

2着(2-3-2-6)

3着(1-2-0-6)

4着(0-2-1-2)

5着(0-1-1-2)

6~9着(4-2-2-28)

10着以下(2-0-3-66)

 

前走からの巻き返し組がいい成績をあげているようです。

前走6着以下でも好走している馬が多いようです。

 

前走人気

 

1番人気(0-1-2-3)

2番人気(0-2-0-4)

3番人気(1-1-0-8)

4番人気(1-1-2-5)

5番人気(1-1-0-6)

6~9番人気(4-2-3-26)

10番人気以下(3-2-3-66)

 

前走着順同様前走人気が6番人気以下の馬の

好走も多いようです。

 

ローテーション間隔

 

連闘(0-0-0-2)

中2週(0-0-0-8)

中3週(1-3-2-22)

中4週(7-3-6-46)

中5週~中9週(2-4-1-20)

中10週~中25週(0-0-1-13)

半年以上(0-0-0-7)

アルゼンチン共和国杯組が

優秀な成績をあげているので中5週組が優秀です。

長期休養明けの馬は厳しいようです。

以上過去10年データになります!

 

ここまでを見て受けた印象ですが、

紐馬探しは伏兵馬から探すのがよさそうな印象です。

現時点でマークしているのはこの馬

人気ブログランキングへ

注意すべきはアルゼンチン共和国杯凡走組

前々走は騎手の力かもしれないですが

このメンバーなら複勝圏内に突っ込んできてもいい気がします。

前走のアルゼンチン共和国杯は正直相手が悪かった

マイルチャンピオンシップを

ペルシアンナイトがとり

ジャパンカップでレイデオロが2着に入るなど

3歳馬が秋に入り本格化

ダービー2着のスワーヴリチャードが勝ち馬ならジリ脚で健闘した方では?

 

次回の記事で過去10年データを基に加点減点を行いたいとおもいます!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!