[シルクロードステークス2018]出走馬|有力馬チェック

Pocket

今日はシルクロードステークス2018出走馬|有力馬チェックの記事を中心に書いていきたいと思います!

フェブラリーステークスへのステップレースとして重要な意味合いをもつ

 

シルクロードステークス

 

果たして2018年のシルクロードステークスはどの馬が勝利をおさめるのでしょうか?

 

有力馬をチェックする事で的中率もアップすると思いますので、

 

見ていきたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

レースを予想する上で

まずは相手を知ることが

重要な事だと考えます。

 

今回その相手となるのは

 

シルクロードステークスというレース

 

そしてその出走予定馬達。

 

まずはレース紹介を見ていきたいと思います!

 

2012年のシルクロードSで自身2度目の重賞制覇を果たしたロードカナロアは、

同年秋のスプリンターズSから翌2013年の香港スプリントまで国内外のGⅠを6勝し、

2年連続でJRA賞最優秀短距離馬のタイトルを獲得したうえ、

2013年には年度代表馬の座に輝いた。

 

また、2016年の5着馬ビッグアーサーと

2017年の2着馬セイウンコウセイは、

それぞれ同年の高松宮記念でGⅠ初制覇を果たしている。

 

GⅢのハンデキャップ競走ながら、その後の短距離GⅠ戦線につながっていく重要なレース

 

数々の名スプリンターが出走したレースでもあり

今後のスプリント戦線のG1に向けても重要なレースなようです!

 

次に有力馬を見ていきたいと思います!

ダイアナヒーロー

 

過去2度の休み明けは〔0・1・1・0〕と、

勝つことこそできていないものの3着以内は確保している。

 

しっかりと乗り込まれ、

水準以上の調教時計をマークして挑む一戦なら、

約4か月の休み明けを気にする必要はないはずだ。

 

セイウンコウセイ

 

前々走のスワンSでは14着と大敗を喫したが、

力の要る馬場コンディション(重)は苦にしないことを考えれば、

敗因は芝1400mの距離か58kgの斤量のどちらかだろう。

それだけに、、、

 

今回はスワンSと同じ58kg(トップハンデ)の克服が鍵になる。

 

ファインニードル

 

アドマイヤムーン産駒らしい太い首とたくましい胸前の筋肉は、

直線に急坂のあるコースへの適性を感じさせる。

 

京都・芝コースでも2勝を挙げているが、

直線が平坦なコースへの対応は鍵になるだろう。

 

寒い時季の休み明けになるので、多少の馬体増は気にしなくていいはずだ。

 

カラクレナイ

 

ピッチ走法の小気味いいフットワークが印象的な馬。

末脚で勝負するタイプだけに、

イメージ的には直線の長いコース向きだが、

実際は全3勝を芝の内回りコースで挙げている。

 

一瞬の脚に優れていることを考えれば、

この舞台でも力を発揮できるはずだ。

 

ナックビーナス

 

前走時の馬体重が522kgと、

牝馬らしからぬ馬格がある。

 

輸送による馬体重減があったとしても、

それに耐えられるだけの体の持ち主で、

現在の力を要す京都の芝コンディションも克服可能なはずだ。

 

京都・芝1200mで勝ち星を挙げていることも強調材料になる。

 

ロードクエスト

 

鋭い末脚が自慢の馬。

 

今回は、直線が平坦で距離も短い京都・内回りの芝1200mへの対応が鍵になる。

 

ただ、1回京都開催の芝は雨が多かった昨秋の影響を受けてか、

全体の時計も上がりの時計も掛かり気味。

 

この馬にとって戦いやすい状況と言えそうだ。

 

アレスバローズ

 

京都・芝コースは〔0・0・0・2〕と、

一見すると適性がないように思えるが、

 

この2戦は本格化前の3歳時の成績で、

距離も長かった(芝2000mと芝1600m)。

 

スプリント路線で本格化を果たした今なら、

京都コースへの適性を見せても不思議はないだろう。

 

ニシケンモノノフ

 

父メイショウボーラーは芝とダートの二刀流で活躍した馬。

 

本馬も、血統から芝への適性を見せて不思議はない。

 

大型馬でも休み明けは苦手としておらず、

追い切りの動きもしっかりしており、

力を出し切れるだろう。

 

ダブル登録の根岸Sに回る可能性もあるが、注目の一頭だ。

 

有力馬チェックは以上となります!

 

現時点で

ワタクシたらが最も注目するのがこの馬

 

ランキングで発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

この馬→人気ブログランキングへ

 

前走の凡走が実力ではないと思う1頭。

見限るには早計な気がします。

 

人気を落とすようであれば

狙いたい1頭です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!