[クイーンカップ2018]出走馬|有力馬紹介

Pocket

今日はクイーンカップ2018出走馬有力馬紹介の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

2018年のクイーンカップ

 

出走馬には一体どんな馬がいるのか?

 

またどの馬が有力視されているのか?

 

有力馬紹介をさせて頂きたいと思います!

クイーンカップは桜花賞に繋がる

重要なステップレースでもありますので

 

有力馬をサクッとチェックしていただいて

予想の時間をたっぷりとって頂いて

クラシックに向けて的中を手にして頂きたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

 

今週は3日間変則開催3重賞

皐月賞、桜花賞に向けた

ステップレースと

 

春のG1や海外G1に向けた

京都記念が行われ

 

予想をする時間が足りない感じですね(笑)

 

効率的に予想をしつつ

怪しい馬がいないか

チェックする余裕をつくるためにも

 

有力馬のチェックは欠かせないことの

1つだと思います!

 

早速有力馬のチェックをしていきたいと思います!

有力馬紹介

 

マウレア

 

新馬→500万下・赤松賞(東京・芝1600メートル)を連勝し、

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは3着に好走と、

豊かな将来性をアピールしている。全姉アユサンは2013年の桜花賞馬で、

血統面からも注目度の高い一頭。

 

ここは重賞初制覇の期待が高まる。

 

ツヅミモン

 

前走のシンザン記念で2着に好走。

この時は勝ったアーモンドアイの末脚が目立ったが、

本馬のセンスの高さも目を引いた。

 

540キログラムいう大きな馬体だが、手先が軽くスピードも非凡。

 

あらためて重賞制覇を狙う。

 

牝馬ワンツーとなったシンザン記念だが

決して牡馬のレベルは低くなかったと思います!

 

展開次第では圧勝も有り得る1頭だと思います!

 

オハナ

 

昨秋にメイクデビュー東京(芝1600メートル)を快勝すると、

約3か月の休養明けで迎えた前走の500万下・菜の花賞(中山・芝1600メートル)でも鮮やかな差し切り勝ちを演じた。

 

祖母に名牝ノースフライトがいる良血馬が、

3連勝で重賞タイトル奪取に挑む。

 

この馬も前走は強さが光る走りでした。

 

テトラドラクマ

 

昨秋の未勝利では、東京・芝1600メートルを1分33秒9の好時計で優勝。

その際には2着馬に5馬身差をつけていた。

 

1番人気の支持を集めた前走のフェアリーSは、

2コーナーで他の馬に寄られるシーンがあっての6着で参考外と言え、

ここは再度注目が必要。

 

前走のリベンジでもある1戦。

 

ソシアルクラブ

 

父がキングカメハメハ、母がブエナビスタという良血馬。

前走の阪神ジュベナイルフィリーズはキャリアの浅さが出た印象で8着に敗れたが、

昨年秋のメイクデビュー京都(芝1600メートル、1着)では圧巻の末脚を披露しており、

 

今回あらためて期待したい。

 

ハーレムライン

 

初勝利までに少し時間を要したが、実戦を使われながら着実に地力をアップ。

 

前走の未勝利(中山・芝1600メートル)では、

1分33秒9の好時計で勝ち上がった。

 

この距離なら重賞でも通用するだけの能力がありそうだ。

 

レッドベルローズ

 

キャリア1戦1勝で臨んだ前走のフェアリーSでは、

最後の直線で大外を強襲して勝ち馬から0秒2差の3着でゴールイン。

まだ荒削りな面は残るが、

末脚は一級品。

 

直線の長い東京・芝コースなら、再び好勝負が可能だろう。

 

フィニフティ

 

全兄にステファノスがいる厩舎ゆかりの良血馬。

 

1番人気で登場した昨年11月のメイクデビュー京都(芝1600メートル)を快勝し、

素質の高さをアピールしている。

 

レースセンスの高さに加えて、卓越した瞬発力の持ち主だけに、重賞でも要注目。

台風のめになりうる馬だと思います

 

有力馬紹介は以上となります!

 

現時点でワタクシたらの注目馬は

 

ブログランキングで発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

どのくらい人気を背負うか若干想像しずらいが

間違いなく素質馬。

勢いのまま連勝するところをみてみたい。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!