[アメリカンジョッキークラブカップAJCC2018]注目馬紹介

Pocket

今日はアメリカンジョッキークラブカップAJCC2018注目馬紹介の記事を中心に書いていきたいと思います!

2018年のアメリカンジョッキークラブカップ

AJCC

 

2018年新たに古馬戦線に加わる4歳馬の古馬戦初挑戦組もおり、

 

古馬勢との力関係を考える事が重要になってくるのではないでしょうか?

 

今日は注目馬紹介をしつつ

 

現時点での再注目馬を発表したいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

今回のアメリカンジョッキークラブカップ

 

正直かなり難解なレースになる予感がしています!

 

注目馬の紹介と

 

何故このレースが難解なレースと

ワタクシたらが考えるのか

 

その辺の話もさせて頂きますので是非ご覧ください!

 

まずは注目馬の紹介をしていきたいと思います!

 

注目馬紹介

 

ゴールドアクター

 

昨年上半期の疲れが抜け切らず、

秋初戦に予定していた産経賞オールカマーを見送るなど休養が長引いた。

12月上旬から時計を出し始めて、急ピッチに乗り込みを消化。

休み明けの割り引きは必要かもしれないが、

ひと追いごとに馬体が引き締まっており、力を出せる態勢は整っている。

ただ昨年の初戦は人気に応えられず凡走。

 

ミッキースワロー

 

前々走のセントライト記念で皐月賞馬アルアイン(2着)を破って重賞初制覇を果たし、

前走の菊花賞(6着)では3番人気に支持された。

3か月の休養で疲れを癒やして、帰厩後は本レースに照準を合わせて順調に乗り込みを消化。

今年はさらなる飛躍が期待される。

菊花賞は極悪馬場であった事を考えると

あまり予想に前走内容は反映しない方がいいか。

 

ダンビュライト

 

昨年のクラシック三冠では、

皐月賞3着、日本ダービー6着、菊花賞5着と上位争いに加わっており、

世代トップクラスの実力を証明済み。

前走の1600万下・サンタクロースS(阪神・芝2000m)で2勝目を挙げ、

勢いに乗って念願の重賞初制覇に挑む。

 

ブラックバゴ

 

テンションが上がりやすいタイプで、

ここは中1週のローテーション(過去2回は6、10着)が鍵になる。

ただ、前走時の馬体重は過去最高の数字(プラス14kgの530kg)だっただけに、

間隔が詰まることで馬体が絞れてくれば、上積みも見込めそうだ。

 

レジェンドセラー

 

3歳時の昨年は、ダート挑戦やチークピーシーズ着用など試行錯誤する時期もあったが、

目下2連勝中と充実ぶりが顕著。

近親にアドマイヤジュピタ(天皇賞・春優勝)や

アドマイヤメイン(日本ダービー2着)がいる母系は筋が通っており、

潜在能力は引けを取らない。

 

ショウナンバッハ

 

GⅠ初挑戦となった2015年のジャパンカップは、

12着ながらも勝ち馬から0秒5差で走り、

2016年のアメリカジョッキークラブCでは同0秒2差の3着に好走。

その後はスランプと言える時期もあったが、近走は大崩れすることなく走っている。

ここも上位進出がありえるのでは。

 

マイネルミラノ

 

今年初戦となった前走の中山金杯は11着に敗れたが、

勝ち馬から0秒6差なら悲観する内容ではなく、

12kg増(500kg)と馬体に余裕があったことも確か。

中1週のローテーションで馬体が絞れていれば、前走以上の粘りを発揮できそうだ。

 

ディサイファ

 

昨年の6戦はすべて着外だったが、

 

そのうち4戦がGⅠだったことを踏まえれば、

着順の印象ほど内容は悪くないとも言える。

 

9歳でも年齢的な衰えは少なく、2016年の本レースを筆頭に重賞4勝を挙げた実績は上位。

侮れない存在。

 

以上注目馬紹介となります!

 

今回のアメリカンジョッキークラブカップで

ワタクシたらが最も注目するのが

 

ランキングで発表させて頂きますので是非ご覧ください!

 

この馬→人気ブログランキングへ

 

実績から考えると切るのはなかなか勇気のいる馬

ただ臨戦過程を踏まえ人気がおちるようであれば逆においしいのでは?

 

次回記事でデータと照らし合わせて検証したいと思います!