【桜花賞2018】1週前予想|有力馬|大阪杯結果報告&レース回顧

Pocket

今日は【桜花賞2018】1週前予想|有力馬|大阪杯結果報告&レース回顧の記事を中心に書いていきたいと思います!

今年の3歳は牡馬、牝馬共にかなりいいレベルの馬が多数で皆様も楽しみにしていると思います!

果たしてどの馬が牝馬クラシック第1弾2018年の桜花賞のタイトルを手にするのか?

 

有力馬のチェックをしていきたいと思います!

 

無敗の2歳女王ラッキーライラックが無敗の桜花賞馬となるのか?ライバルはどの馬か?

 

合わせて本日行われた大阪杯の結果報告&レース回顧もさせて頂きます是非ご覧ください!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

皆様2日間開催お疲れ様です!

大阪杯を見事に制したスワーヴリチャード強かったですね!

アルアインを軸にしていた、ワタクシたらはスワーヴリチャードたれろ!たれろ!たれろ!と連呼してしまいました。(笑)

まずは大阪杯結果報告をご覧ください!

 

過去データ照合結果

照合結果1位→2頭はブログランキングにて発表させて頂きます!是非ご覧ください!

照合結果1位⇒ 人気ブログランキングへ

(アルアイン、トリオンフ)

 

照合結果2位→ミッキースワロー、ペルシアンナイト、ダンビュライト

 

照合結果3位→サトノダイヤモンド、ウインブライト

 

照合結果4位→スワーヴリチャード

 

無料推奨買い目

馬連

照合結果1位2頭→照合結果2位3頭

(7点)

 

3連複

照合結果1位2頭軸推奨馬全頭流し

(6点)

1頭目照合結果1位

2頭目照合結果1位照合結果2位

3頭目照合結果3位まで

(23点)

マジで今週の2重賞は曲者です。。

展開が読めない。。

照合結果1位には意外な2頭が入りました。

人気馬は不安要素のある馬が多いのでどでかい一発狙います!

 

結果は

1着照合結果4位スワーヴリチャード

2着照合結果2位ペルシアンナイト

3着照合結果1位アルアイン

3連複はなんとか的中しましたが

計36点提供で27.8倍と激安。。

トリガミになってしまいました。。

 

スワーヴリチャードは仕掛けがやや早いか?と思いましたが持ったまま強い競馬でしたね。。

照合結果1位のアルアイン&トリオンフも、いったか?という見せ場はありましたが力及ばずすいません!

 

結果報告は以上となります!

 

ここからは桜花賞の有力馬を見ていきたいと思います!

 

桜花賞2018|1週前予想|有力馬分析

 

ラッキーライラック

4戦無敗の戦績もさることながら、そのレースぶりからも同世代の牝馬の中では絶対的な存在感を示している。

前走のチューリップ賞も2馬身差の快勝。

2004年のダンスインザムード以来史上7頭目となる、無敗の桜花賞馬を目指す。

2004年以降も様々な名牝がいましたが無敗で桜花賞に挑戦できる時点で凄い。

個人的にはオルフェーヴル産駒ならピンかパーかでいてほしいですが(笑)

普通にやったら1番強いのはやはりこの馬でしょうか。

 

アーモンドアイ

シンザン記念で連対した牝馬が桜花賞を勝ったケースは、

2007年のダイワスカーレット(シンザン記念は2着)、2012年のジェンティルドンナ(同1着)、2016年のジュエラー(同2着)がある。

本馬も、持ち前の末脚を生かして、シンザン記念1着から桜花賞制覇に挑む。

 

リリーノーブル

前々走の阪神ジュベナイルフィリーズが2着、前走のチューリップ賞が3着と、

重賞タイトルこそ手にしていないものの、世代上位の実力の持ち主。

近2走はラッキーライラックの後塵を拝したが、本番の桜花賞で逆転を果たしたいところ。

 

マウレア

全姉のアユサンが、2013年の桜花賞を優勝。

本馬は前走のチューリップ賞で2着に敗れたが、姉はチューリップ賞3着から栄冠に輝いている。

前走は、優先出走権(3着以内)を逃せば桜花賞への出走が危ぶまれる中できっちりと連対を果たしており、勝負強さも頼もしい限り。

 

プリモシーン

母はオーストラリアのG1を4勝した名牝で、父と合わせてGⅠ11勝という良血馬。

デビュー以来3戦で見せた本馬の高いパフォーマンスも納得のできるところ。

前走のフェアリーSは、未勝利クラスを勝ち上がったばかりでの重賞制覇だった。

今度は一気のGⅠ制覇を目指す。

 

リバティーハイツ

全4戦中3戦で芝1400メートルを使われており、

今回は芝1600メートルへの対応が鍵となる。

ただ、デビュー2戦目の未勝利(中京)勝ちが芝1600メートルで、レース内容からも、問題なくこなせそう。

アメリカのG1を2勝した母から受け継いだ能力を、大舞台で発揮したい。

 

デルニエオール

全兄オルフェーヴルがクラシック三冠を含むGⅠ6勝、

同じく全兄のドリームジャーニーもGⅠ3勝と、牝系の底力は相当なものがある。

本馬は、前走のフィリーズレビューでハナ差の3着争いを制して優先出走権を獲得。偉大な兄たちに続くGⅠ勝利を飾ることができるか、注目。

 

モルトアレグロ

デビュー勝ちこそダートだったが、その後は芝で2勝の成績を残している。

厩舎の先輩で、同じSpeightstown産駒のリエノテソーロが昨年のNHKマイルCで2着。

本馬も阪神ジュベナイルフィリーズ5着から芝マイルへの適性はありそうで、侮れない存在。

 

2018年の桜花賞予想をする上で争点となってくるのは阪神ジュベナイルフィリーズ→チューリップ賞組が上位を独占するのか

はたまたクイーンカップ、シンザン記念、フィリーズレビュー、フェアリーステークス組にこの馬たちに対抗しうる馬が存在するか。

 

現時点でのワタクシたらの注目馬はブログランキングにて発表させて頂きます!是非ご覧ください!

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

もちろんラッキーライラックを切ることは今のところ考えていませんが

対戦歴のない馬の中で1発を秘めた馬は存在すると思います!

筆頭はやはりこの馬ではないでしょうか?

まだまだ底がしれない感じでラッキーライラック同様きるのはかなり怖いです。

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!