【日経賞2018】キセキで決まりか?|有力馬チェック

Pocket

今日は【日経賞2018】キセキで決まりか?|有力馬チェックの記事を中心に書いていきたいと思います!

 

今週土曜日に開催される

2018年の日経賞

 

先週の阪神大賞典に続き

今年の古馬G1を賑わしてくれるであろう

メンバーが出走します!

 

中でもやはり注目は昨年の菊花賞を制したキセキではないでしょうか?

今日は果たしてキセキ以外の馬でどんな馬が出走するのか

キセキ軸で間違いないのか?

有力馬チェックをしていきたいと思います!

 

 

 

こんばんはたらです。

先週は重賞4レース中3レース的中

ファルコンステークスでは回収率1500%

阪神大賞典では回収率500%と

確変中でございます!

 

 

確変継続できるように

まずはどんな出走馬がいるのか

有力馬チェックをしていきたいと思います!

 

日経賞2018キセキ他有力馬チェック

 

キセキ

 

昨年夏に上昇を示し、

秋には神戸新聞杯2着をステップにして見事に菊花賞を制覇。

GⅠホースの仲間入りを果たした。

香港へ遠征した前走の香港ヴァーズ(G1、芝2400メートル)は9着と案外の結果だったが、

立て直されたここで今年の好発進を決めたい。

1番人気になるのはほぼ確実。

あとはどれだけ人気が集中するか。

 

ゼーヴィント

 

今回は、昨年夏の七夕賞(1着)以来8か月半ぶりの実戦となるだけに、

最終追い切りの動きが注目されるが、ここまで重賞2勝の実績は見逃せない。

また、目下5戦連続で連対をマークしている安定感も、高い評価ができるだろう。

 

トーセンバジル

 

前走の香港ヴァーズ(G1・香港、芝2400メートル)では、

最後の直線で力強い末脚を披露して3着に食い込み、地力強化をアピールした。

まだ重賞のタイトルこそ獲得していないが、

昨年の阪神大賞典3着、京都大賞典2着と力量は十分。

ここは重賞Vのチャンスだ。

 

ガンコ

 

格上挑戦となった前々走の日経新春杯では、見せ場を作り3着に善戦。

自己条件に戻った前走の1600万下・松籟S(京都・芝2400メートル)を快勝と、

急速にパワーアップを果たしている上がり馬だ。

今回はこれまで以上に強い相手との対戦になるが、勢いに注目したい。

 

ロードヴァンドール

 

前走の日経新春杯では、先手を奪うと最後の直線でも粘り強さを発揮して2着に好走。

重賞のタイトル奪取に手が届くところまできている一頭だ。

今回は有力馬に末脚勝負のタイプが多いメンバー構成だけに、逃げ切りのシーンも十分に考えられる。

 

チェスナットコート

 

前々走の1000万下・許波多特別(京都・芝2200メートル)、前走の1600万下・早春S(東京・芝2400メートル)を連勝し、本格化を果たした。

以前は右回りでスムーズさを欠くことがあったが、心身共に成長した今ならコースは不問のはず。

今回、一気の重賞制覇を目指す。

 

ソールインパクト

 

3走前のアルゼンチン共和国杯で、勝ち馬スワーヴリチャードの2着に入って地力アップを示すと、

前走のダイヤモンドSでも3着に好走。

長距離での安定感を身につけてきた印象だ。

中山・芝コースにも勝ち星があり、スタミナが生きる流れになれば重賞初制覇も可能だろう。

 

サクラアンプルール

 

昨年は中山記念2着、札幌記念優勝の実績を残した。

重賞2勝目を狙った今年の中山記念は4着だったが、

勝ったウインブライトから0秒2差でゴールしており、悲観するような内容ではなかった。

過去に中山・芝コースで3勝をマークしている舞台適性も注目だ。

 

この辺りが人気しそうな馬でしょうか?

 

重賞での好走歴のある馬も多くいますが実績ではキセキが抜けている印象でしょうか。

ただ、勝利した菊花賞は重馬場

その後の香港ヴァーズも9着と奮わず

1着固定にはやや怖さが残る印象です。

 

昨年のクラシック勢

レイデオロは京都記念でクリンチャーに敗れ3着

先週クリンチャーが阪神大賞典で3着に敗れ

スワーヴリチャードは金鯱賞を制し。

複勝圏内率は100%。

 

ですが、状態次第では他有力馬にも逆転のチャンスは充分にあると考えます。

 

現時点でワタクシたらの注目馬は ブログランキングにて発表させて頂きます!

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

阪神大賞典で1番人気に推されたクリンチャー

そのクリンチャーに先着した

レインボーライン

サトノクロニクル

 

この2頭は阪神大賞典においては

クリンチャーよりも好走条件が揃っていたと思います。

今回狙いたいのは好走条件の揃っていそうなこの馬では?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本命馬が馬券に絡んでも相手馬によって回収率を上げることはいくらでも可能です。 2着にくい込んだだけでも三連単なら配当が跳ね上がります。 そんな激走する紐荒れ馬をうまく選定していきます!