【チューリップ賞2018】無料予想|有力馬紹介|注目馬

Pocket

今日はチューリップ賞2018無料予想|有力馬紹介|注目馬の記事を中心に書いていきたいと思います!

 

2018年のチューリップ賞は

 

果たしてガチガチの決着でおわるのか?

 

有力馬を破り桜花賞に名乗りをあげる馬が他にいるのか?

 

予想をするにはまず有力馬をチェックする事が必要だと思います!

 

有力馬紹介をさせて頂き

気になる注目馬も発表させて頂きます!

 

是非ご覧ください!

 

 

 

こんばんはたらです。

 

2018年のチューリップ賞は

 

阪神ジュベナイルフィリーズの

1~3着が揃い踏み

 

かなり豪華なメンバーが揃いました!

 

早速有力馬をみていきたいと思います!

 

チューリップ賞2018有力馬&注目穴馬

 

ラッキーライラック

 

昨年の2歳女王が今年の初戦を迎える。

 

デビューから無敗の3連勝でGⅠを制覇。

 

先行できるレースセンスの高さを見せながら、

スケール感もたっぷりな走りで、さらに上を目指せる素質馬だ。

 

桜花賞の前哨戦という意味合いを考えたとしても、負けられない一戦になる。

 

リリーノーブル

 

前走の阪神ジュベナイルフィリーズはラッキーライラックに3/4馬身差で敗れ、

GⅠタイトルに手が届かなかった。

 

まずは桜花賞トライアルの本レースで前走のリベンジを果たし、

春の大舞台へ弾みをつけたいところだ。

 

マウレア

 

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズは3着。

直線で進路を確保するのに手間取ったシーンがあり、

スムーズなレースではなかった。

 

その中で勝ち馬ラッキーライラックと0秒2差なら、

“負けてなお強し”と言えるだろう。

当時の上位2頭に雪辱を遂げて、桜花賞へ向かいたい。

 

スカーレットカラー

 

デビュー2戦目から4戦連続で芝1600メートルを使われており、

1勝2着2回をマーク。

連対を外したのは1度で、

それも重賞(昨年のアルテミスS)の5着と、距離適性の高さを示している。

 

今回は相手強化となる一戦だが、

レース巧者ぶりを十分に発揮してくれるだろう。

 

シグナライズ

 

父は現役時代にG1の10勝を含む14戦無敗の競走成績を誇り、

“怪物”と評された馬フランケル。

種牡馬としても阪神ジュベナイルフィリーズやオークスを勝ったソウルスターリングを出すなど、

 

十分な実績を積み上げている。

 

本馬も、高いポテンシャルを受け継いでいると言える。

 

サラキア

 

全姉サロニカはデビュー3戦目でオープン特別・エルフィンSを制するなど、

早い時期から活躍を見せた。

 

母は2012年の独オークス(G1)優勝馬で、その血筋は一級品。

ドイツ牝系はエイシンフラッシュが活躍するなど日本の馬場と相性が良く、

本馬も今後の飛躍が期待される。

 

サヤカチャン

 

逃げ脚質ゆえ極端な着順になりやすく、

自身の競馬ができなかったときの危うさはあるものの、

それでも先行力は魅力的だ。

 

ここもマイペースの逃げに持ち込むことができれば、

粘り込むシーンがありそうだ。

 

レッドランディーニ

 

母は未出走だが、

祖母CatchascatchcanはイギリスのG1ヨークシャーオークスを制するなど、

牝系が持つ底力は確かなものがある。

 

本馬はまだ1勝馬で実績的には見劣りするが、秘めるポテンシャルは相当なはず。

強敵相手に才能が開花するか、注目だ。

 

有力馬紹介は以上となります!

 

逃げ馬サヤカチャンや

怪物フランケル産駒シグナライズ等

 

阪神ジュベナイルフィリーズの実績組以外もかなり面白いメンバーがそろいました!

 

現時点でのワタクシたらの注目馬は

ブログランキングにて発表させて頂きます!

是非ご覧ください!

 

注目馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

やはり注目は阪神ジュベナイルフィリーズ組

 

勝ったラッキーライラックも強かったが

他の馬にも期待したい。

 

しかし、今回の注目馬は強敵とのレースで経験を積み

徐々に徐々に良化。

 

そろそろ1発あるんぢゃないか?と思う1頭。